デスラバ|命がけで童貞を守る!ミステリーギャグ漫画

命がけで童貞を守るミステリーギャグ漫画「デスラバ」をご紹介。

「終末のハーレム」の亜種かと思いきやそれはフリで、その正体は「シリアスな笑いを連発するギャグ漫画」でした(笑)

今回もエロティックなシーンを中心にレビューしていきます。

「デスラバ」とは

女嫌いの高校生・藤代康介は学校からの帰り道、突如何者かに拉致されてしまう。

目が覚めると、椅子に縛り付けられ、見知らぬ美少女看守に嬲られようとしていた!!

そこは男が檻に閉じ込められ、女達に管理される謎の監獄!! ここは一体どこなのか? そして美少女たちの目的は!?

謎が謎を呼ぶ、絶望エロティック・サスペンス!!

「デスラバ」は、漫画:智弘カイ、原作:カズタカ両先生によるミステリーギャグ漫画、単行本は全8巻。

「目が覚めたら見知らぬ場所で拘束されていた…」という若年層向けデスゲーム漫画に見せかけて

「知略を駆使して童貞を守るサバイバルギャグ漫画」

なのだから恐れ入りますw

この手のシリアスなギャグは好き嫌いが分かれそうな印象ですが、自分はとても楽しめました。

ちなみに現在は続編の「デスティニーラバーズ」が連載中です。

デスティニーラバーズ|命がけで童貞を守るシリアスギャグの続編

こちらもエッジの効いた鋭いギャグが多くて笑えるのがおすすめ(笑)

エロいシーン

エロティックなシーンは度々見られます。

童貞捨てたら死んでしまうので本番描写はありませんが、疑似本番は度々見られました。

  • (1巻)拘束されたまた巨乳看守に乳首を吸われまくる主人公(康介)

まだ途中までしか読んでないので、続きを読んだら追記します。

まとめ

以上、「デスラバ」のご紹介でした。

シリアスなギャグが好きな方におすすめです。