アカイリンゴ|セッ●スが法律で禁止された世界の漫画

セッ●スが法律で禁止された世界が舞台の漫画「アカイリンゴ」をご紹介。

テーマが面白いのはもちろん、女性キャラがエロ美しくてステキです。

「アカイリンゴ」とは

令和××年、日本では、性行為が違法となった。

「セトリ(厚生労働省性行為取締官)」の幹部を父に持つ優等生・犬田光は、悪友シバに連れられ初めて訪れたクラブで、衝撃的な光景を目にする。

そこには、酒と音楽にまみれ、激しく絡み合う男女の姿が…!

違法なはずのその行為を目にした瞬間、犬田の体を未知の「衝動」が駆け巡る。

そしてその「衝動」が、犬田の運命の歯車を狂わせていく――。

「アカイリンゴ」は、「だぶるぷれい」などのムラタコウジ先生によるヒューマン漫画。

セッ●スが法律で禁止された世界が舞台ですが

「結局、性欲は法律や倫理で抑えることはできない」

というメッセージ性が個人的に好きですね。

エロいシーン

エロティックなシーンは度々見られます。

とくに女性のワキの描写に気合が入ってますな。

  • (1巻)表紙のアイドル(ウチュラ)と激しくセッ●スする夢を見る主人公(犬田)
  • (1巻)生徒を食うのが趣味な巨乳女教師に激しくフェ●チオされる主人公(犬田)
  • (2巻)巨乳女教師に拘束され電マ攻めされるアイドル(ウチュラ)

今のところ寸止めちょいエロが多いですが、徐々に盛り上がっていきそうなので今後が楽しみです。

とくに1巻終わりから登場する取締官の牛本さんが可愛いので、今後の展開に期待。

まとめ

以上、「アカイリンゴ」のご紹介でした。

ムラタ先生の絵とフェチズム傾向が合うなら楽しめるのではないかと。