ぼくは愛を証明しようと思う。|非モテ男がヤリちんナンパ師になる漫画

非モテ男がヤリちんに変貌する漫画「ぼくは愛を証明しようと思う。」をご紹介。

彼女に浮気されてフラれた男が百戦錬磨のナンパ師に成長(?)する様が痛快でナイスです。

今回もエロティックなシーンを中心にレビューします。

「ぼくは愛を証明しようと思う。」とは

恋も愛もすべてはテクノロジーが勝利する――。

女性を虜にする究極の技術「恋愛工学」を伝授しよう!

26歳の弁理士・渡辺は、溺愛していた恋人・麻衣子に浮気されショックを受け、すべてが上手くいかない現実に塞ぎこみBARで酒に溺れていた。

すると突然、以前仕事で出会った永沢が現れ、初対面の美女を瞬く間に虜にする現場を目撃する!

追いすがる渡辺に、永沢はモテるための究極のテクノロジーの存在を伝えるのだった。

「ぼくは愛を証明しようと思う。」は、原作:藤沢数希、作画:井雲くす両先生の恋愛ナンパ漫画、単行本は全3巻。

同名小説のコミカライズ版ですね。

彼女を寝取られた主人公が「恋愛工学」という謎のナンパノウハウと出会い、ヤリちんモテ男に変貌していきます。

恋愛工学の是非はともかく「実際にこういう人生を送ってる人もいるんだろうなー」と思うと面白いですな。

フェチズムを刺激するシーン

エロティックなシーンは全体的にサラッとしているものの、度々描かれています。

とくに主人公がヤリチン化した3巻以降、エロいシーンが多くていい感じです。

  • クラブで会ったモデルをセフレ化
  • 取引先の綺麗目なお姉さんとハメまくり
  • 1巻で主人公をアッシーにした彼氏持ち同僚とトイレで一発

ガードが固そうな女の子がどんどん陥落させられていく様は、フェチズムを刺激されますな。

中でも、思わせぶりな態度で主人公をアッシー利用した同僚と、トイレで一発ヤッちゃうシーンは痛快でした。

まとめ

以上、「ぼくは愛を証明しようと思う。」のご紹介でした。

個人的には最後のオチに「やっぱ男ってこういうもんだよな」というリアリティが感じられて好きでしたね。

性欲に忠実なヤリチンに嫌悪感がなければ楽しめるのではないかと。