NIGHTMARE MAKER|エロ描写が過激過ぎた問題作漫画

「エロい夢が見れる装置」が学園にトラブルを巻き起こす過激漫画「ナイトメアメーカー(NIGHTMARE MAKER)」(著:Cuvie)をご紹介。

夢と現実の区別がつかなくなった生徒たちがレ●プや暴力事件を起こす展開が狂気に満ちててエロ恐ろしいです。

「過激すぎて長崎県や宮崎県で有害図書指定」されたほどエロ描写が濃厚なので好みは分かれそうですが、倫理に踏み込むテーマや人間ドラマもあって、個人的には楽しめました。

今回もエロティックなシーンを中心にレビューしていきます。

「ナイトメアメーカー」とは

天才発明家高校生の内田は、夢に願望を投影できる夢見装置を開発。

誰もが装置の虜になっていく、レム催眠誘導型リアル体感システム始動!!

「NIGHTMARE MAKER」は、「絢爛たるグランドセーヌ」などのCuvie先生のSFサスペンス漫画。

夢と現実の区別がつかなくなった学生たちが「レ●プ事件」「先生との乱交」などを巻き起こす、闇が深い内容となっております。

たとえば、図書室で寝ている巨乳女子生徒を見つけた男子2人組が「寝てるしヤっちまおう」と当たり前に話すシーンは狂気を帯びてて怖いです。

まぁしかし「学生にこんな装置が普及したら、そりゃあエロい夢しか見なくなるわなぁ…」という点にはリアリティを感じました。

エロいシーンレビュー

エロティックなシーンは頻繁かつ濃厚に描かれています。

一話につき一回はセッ●スシーンが描かれていて、描写は成人漫画手前の過激さでした。

シチュエーションもバラエティに富んでいて、先生と生徒、レ●プ、いちゃラブ、寝取り、寝取られと色んなエロが描かれています。

中でも個人的に刺激的だったのは次のシーン。

  • (1巻)夢の中で好きな女の子やアイドルとエッチ三昧
  • (1~6巻)セックス依存症先生が生徒と保健室で乱交
  • (4巻)巨乳真面目女子が寝ている間に男子にレ●プされる

エロシーンの多さと過激さは青年漫画の中でもトップクラスで、レ●プや精液などの描写が苦手じゃないなら、楽しめると思います。

ストーリーも「人間の欲望、醜さ」などディープなテーマとサスペンス性があり面白いです。

興味があれば試し読みしてみてください。

別館もあります

一般映画のエロス

背徳のエロス